Russia Photo Gallery  Фотогалерея-Россия
 Historic Centre of Saint Petersburg  and Related Groups of Monuments  Исторический центр Санкт-Петербурга  и группы памятников
 サンクトペテルブルク歴史地区 と関連建造物群(登録世界遺産)  -Всемирное наследие ЮНЕСКО -
 クンストカメラ/KunstKamera  кунсткамера
 



TOPへ戻る<日本語>

 【クンストカメラ】・・・
1710年代にピヨートルⅠ世によって創設されたロシア初の博物館はドイツの偉大な学者ゴットフリート・ライプニッツの立てた構想に基づいて組織された。ピョートルⅠ世によって集められたコレクションは分類され、博物館の展示品の基礎になった。「クンストカメラ」(芸術の資料室)-ドイツ語-という名が定着した博物館用の建物は、1718年起工され、1734年に完成した。塔、丸屋根(クーポラ)がある建物中央部は解剖室、ロシア最初の天文台用に定められた。ここに「ゴットルプの地球儀」(1664年,ドイツ)が設置された。この地球儀はピヨートルⅠ世の長女アンナ女帝への求婚のため、ホルシュタイン公カール・フリードリヒによってピヨートルⅠ世に贈られたものだ。
-サンクトペテルブルグ案内書-
【クンストカメラ】・・・
クンストカメラКунсткамераKunstkamera、またはクンストカンマーKunstkammer)は、ロシア、サンクトペテルブルクにある博物館。ロシア史上、最初に創設された博物館と見做される。現在は、人類学・民族学博物館となっている。1718年クンストカメラは、ピョートル大帝によって、図書館、自然科学系博物学コレクションを収蔵するため創設された。クンストカメラの建物は、サンクトペテルブルク、ワシリエフスキー島のネヴァ川(ボリシャヤ・ネヴァ川)河畔に建設された。対岸には、冬宮や旧海軍省がある。バロック様式の建物は、1727年に完成を見た。
クンストカメラは、当初、「自然と人間による珍奇かつ稀覯なもの」を収集・所蔵する目的で建てられた。このような経緯から当初、クンストカメラは皇帝の個人的なコレクションの集積場であり、それらの収蔵品は、夏宮Summer Palaceから移された。クンストカメラの所蔵品の中でもっとも有名なものは、人間や動物の胎児の標本である。ピョートル大帝は、この各種大きさ取り混ぜた標本を、オランダの解剖学者、フレデリック・ルイシュFrederick Ruyschと薬理学者、アルベルトゥス・セーバAlbertus Sebaから購入した。もっともグロテスクな所蔵品は、エカテリーナ1世の愛人であったウィレム・モンス Willem Monsと彼の妹アンナ・モンス Anna Monsの頭をアルコール漬けにした標本である。
・・・・ウィキペディアリンク
【クンストカメラ】公式ページンク
 



画像の無断使用・無断転載を禁止します。

TOPへ戻る<日本語>