Russia Photo Gallery  Фотогалерея-Россия
 Historic Centre of Saint Petersburg  and Related Groups of Monuments  Исторический центрСанкт-Петербурга  и группы памятников
 サンクトペテルブルク歴史地区 と関連建造物群(登録世界遺産)  -Всемирное наследие ЮНЕСКО -
血の上の救世主教会 Cathedral of the Resurrection on the Blood-Unesco World Heritage-  Храм Спаса-на-Крови
   






TOPへ戻る<日本語> TO-TOP <Русский-я, E n g l i s h>

【血の上の救世教会】・・・・ウイキペディア
血の上の救世主教会(血の救世主教会、Храм Спаса на Крови、スパース・ナ・クラヴィー教会)は、ロシア、サンクトペテルブルクにあるロシア正教会の聖堂である。公式名は、ハリストス復活大聖堂Собор Воскресения Христова)。このほか、血の上の教会(Church on Spilt Blood)の名称でも知られる。この名称は、1881年3月13日(ユリウス暦3月1日)のロシア皇帝アレクサンドル2世暗殺によるもので、教会が建つ場所は、皇帝遭難の地である。リンク
【アレクサンドル2世殺害場所の天蓋】・・・・
殺害場所の上の高価な多角形の天蓋はバルランドの絵をもとに制作された。天蓋を支えている柱及び天蓋自体は、ブハラの瑠璃をはめこんだ碧玉で製作された。天蓋の内部はフイレンツエのモザイク画の技法で、ラピス・ラズリで作られ、星の役割を果たしているシベリアの宝石やトパーズが嵌め込まれた。100以上のトパーズが天蓋を飾っている。―サンクトペテルブルグ(アルバム)―
【聖アレクサンドル・ネフスキー】のイコン画・・・・
イコノスタスの北聖像入れのモザイクのイコン画は、ミハイル・ネステロフの下絵は、ネステロフに劣らぬ名画家達、ヴィクトル・ヴァスネツオーフ(聖母子)、ニコライ・ハルラーモフ(聖体機密)他によってなされた。
                                                                                  ―サンクトペテルブルグ(アルバム)―

画像の無断使用・無断転載を禁止します。


中央丸天井のモザイク画

イコノスタンスの中心部

アレクサンドルⅡ世
殺害場所の天蓋

アレクサンドルⅡ世
殺害場所の天蓋

「聖アレクサンドル・ネフスキ-」のイコン画

TOPへ戻る<日本語> TO-TOP <Русский-я, E n g l i s h>